神社の入り口に設けられている鳥居に一礼をしてから入場するように心がけます。

パワースポットに訪れる際に知っておきたい!正しい参拝方法

MENU

正しい参拝方法

 

今では当たり前のように世の中に浸透しているパワースポットという言葉ですが、中でも人気が高いのが伊勢神宮や出雲大社に代表される「神社」を中心としたパワースポットです。

 

神社とは日本古来の神々を祀る「社」の総称ですが、現在の日本社会では神社と仏閣が共存しているので混同している人も数多く居ます。
しかし、神社と仏閣ではそれぞれ参拝の作法やマナーが異なる為、パワースポットを訪れる際にはそれらの作法やマナーを正しく身に付けておくことが大切です。

 

パワースポットとして名高い神社を訪れる場合、必ず神社の入り口には「鳥居」が設けられているので、まずはこの鳥居に一礼をしてから入場するように心がけることが大切です。
鳥居より先は神様が住まう神聖な場所ですから、必ず鳥居をくぐる前に一礼するのが作法となります。

 

また、鳥居をくぐって神社に入場したら必ず「道の端」を歩くよう心がける必要があります。
なぜなら参道の真ん中には神々のエネルギーが通うとされているため、そのエネルギーの流れを妨げないように参道の端を歩くようにする必要があるからです。

 

ちなみに参道の左側を歩く場合は左足から踏み出し、右側を歩く場合は右足から踏み出すのがマナーとされています。

 

 

また、パワースポットを訪れた事でテンションが上がってしまうのは無理もない話ですが、もともと神社は観光地ではなく神々が住まう神聖な場所なのでなるべく静かに歩くのが作法とされています。

 

また、神社に入ると必ず「手水舎」と呼ばれる洗い場が設けられているので、そこで手や口をすすいで清めるのがマナーです。
まずは左手で柄杓を持ち、右手を洗い清めた後で柄杓を持ち替え右手を洗い清めます。
その後、更に柄杓を右手に持ち替えて水を溜め、左手に注ぎながらその水を口に含みすすぎます。最後に左手を洗い清めれば終了です。

 

そしていよいよ神社を参拝するわけですが、参拝する際にも真ん中は避けて少し端に寄って手を合わせるのが正しい作法とされています。
お賽銭はゆっくりと静かに投げ入れ、鈴も心地よい音量で鳴らします。
その後、2礼2拍手をして手を合わせたら神様に感謝の祈りを捧げ、最後に1礼をして参拝を終えます。